上へ戻る

マンガやアニメ、ゲームから特撮、昔話まで、
人間の夢の世界を科学的に検証します。

The Dream-Science Laboratory

空想科学研究所とは?

NEWS

NEWS一覧へ

気になる疑問を解決! 最新の科学検証。

Web Contents ウェブコンテンツ

今日の質問

空想科学研究所の近況を、所長が綴ります。

『仮面ライダー』のウィルス作戦

こんにちは、所長です。

新型コロナウィルスでこれほど世界が一変するとは……と驚く日々が続いている。空想科学の世界にも、ウィルスの恐ろしさを描いた話はいろいろあるのだが、実は『仮面ライダー』にも登場する。しかも2話目に。

『ジュニア空想科学読本』では、2018年12月に刊行した15巻で紹介しており、柳田は冒頭にこう書いている。

「ウィルスが厄介なのは、感染すると体内で増殖し、さまざまな経路で別の人にも感染することだ。感染経路がわからなかったり、正しく対処しなかったりすると、広い地域で大流行するパンデミックが起こってしまう。これがホントにオソロシイ!」。

『ジュニ空』を読んだ子どものなかには、新型コロナが流行し始めたときに、思い出してくれた人もいるかもしれない。

『仮面ライダー』の第2話で、ウィルス作戦を行ったのは蝙蝠男だった。新型コロナなど、多くのウィルスはコウモリが感染源といわれるから、科学的にもナットクである。

だが、劇中のそれは驚くべきウィルスだった。蝙蝠男の噛みつきによって感染すると、口から牙が生え、ショッカーの言うなりになる。そして、他人を見れば噛みついて、感染者を増やしていく……。

これは怖い! 感染者が積極的に噛みついてくるから、マスクやうがいや手洗いを徹底しても感染を防げないのだ。

この調子で、被害者が次の加害者を生み出し続けていくと、どうなるか。

仮に30分に1人ずつ噛んでいくと、1時間後には4人、1.5時間後には8人、2時間後には16人……と倍々で増えていく。その後を記すと……、

3時間後……64人

4時間後……256人

5時間後……1024人

6時間後……4096人

7時間後……1万6384人

8時間後……6万5536人

9時間後……26万2144人

10時間後……104万8576人

11時間後……419万4304人

12時間後……1677万7216人

13時間後……6710万8864人

13時間半後……1億3421万7728人

なんと、13時間とちょっとで、日本人がすべて感染してしまう! いまが午後6時だとしたら、明日の朝には全員がショッカーの配下になる。恐るべきウィルス作戦だ!

だが『仮面ライダー』では、そんなオソロシイことにはならなかった。感染は、一つの団地のなかだけに留まったのだ。

それはなぜかというと、ショッカーがウィルスの効力をなくす血清も開発して、蝙蝠男の爪に仕込んでいたから。蝙蝠男をだまして、それを聞き出した本郷猛は仮面ライダーに変身、蝙蝠男を倒す。そして、蝙蝠男の爪で感染者を次々に引っかいて、人々を救ったのだった……。

新型コロナの治療薬やワクチンの開発にまだ成功していない現状からすると、ショッカーが血清を開発してくれていたのは、まことにうらやましい話である。だが、全体を俯瞰するなら、仮面ライダー最大の功績は「感染が団地内に留まっているうちにスピーディーに対処したこと」だ。毎度思うけど、仮面ライダーは仕事が速い。

子ども向けの番組で、誇張も飛躍もたくさんある『仮面ライダー』だけど、この話ではウィルスの怖さと対処の基本が描かれている。機会があれば、一度見てみて。

入試問題と仮面ライダー

こんにちは、所長です。

お笑い芸人で数学講師のタカタ先生が、YouTubeで中学生向けの無料オンライン授業をやってらっしゃる。新型コロナの影響で休校が続くことを心配されてのことで、子どもたちのことを思う姿勢と実行力には、本当に頭が下がる。

そんなタカタ先生に少しだけ協力することになって、柳田が試験問題を作った。5月9日まで試験が受けられる「全国統一オンライン中間考査」の一環で、柳田が作成したのは、もちろん理科の問題。いま大ヒット中のマンガを題材にしている。マンガを題材にすることで、勉強が苦手な子どもにも興味を抱いてほしい…と考えたものなので、よかったらぜひ受けてみて(大人が受けてもいいらしい)。

ところでマンガが題材の試験といえば、もうずいぶん昔だけど、ある国立大学の入試問題に柳田の文章が使われたことがある。入試なので事前の連絡はなく、試験後に問題を知ったのだが、これがちょっとビックリだった。まず、問題の前提として次の文章があった。

「仮面ライダー」と「仮面ライダーV3」は、悪魔の手から人類の自由と平和を守る戦士として、テレビ・アニメなどによく登場するヒーローである。以下の文章を読んで、後の問い(問1~4)に答えなさい。

そして「以下の文章」として『空想科学読本』から長文が引用されるのだが、その文章というのが、なんと「バリアス7」についてのもの! バリアス7は、『特捜エクシードラフト』という番組に登場した「時速3000㎞で走れる自動車」で、『仮面ライダー』とは何の関係もない。

その結果、「後の問い」というのがおかしなことになってしまい、たとえば「問2」はこんな設問であった。

「ライフル銃から発射した弾丸の速度は約800m/秒である。仮面ライダーがバリアス7に乗って最高速度で走っているとする。仮面ライダーを狙って真後ろから敵がライフル銃で射撃したら、仮面ライダーは逃れられるか。弾丸とバリアス7の速度のみを考えて答えなさい」。

この問題そのものは簡単で、おそらく「ライフル弾の秒速800mとは時速2880㎞だから、時速3000㎞のバリアス7より遅い。よって仮面ライダーは逃れられる」というのが解だろう。

しかし、仮面ライダーはバリアス7に乗ったりしない。バリアス7は自動車。仮面ライダーが乗るのはバイクであり、だからこそ「ライダー」なのだ。

問題を読んだ受験生がどう思ったのかはわからない。でも、『特捜エクシードラフト』や『仮面ライダー』を知っている人がいたら、ちょっと混乱したのではないか…と思う。マンガやアニメを題材にすると興味がわきやすいとは思うものの、作成者が微妙に勘違いをしていると、受験生が混乱してむしろマイナスになることもあるのかも……。そう思ったできごとだった。

今回の「全国統一オンライン中間考査」も、柳田が勘違いして作問していなければよいのだが。

もっと見る
質問を投稿する

空想科学読本WEB


空想科学読本がWEBで読める! 最近更新の原稿を公開しています!

e-book

空想電子版!

『空想科学読本』シリーズが電子書籍になった! 読者の声に応えたオリジナル編集版!

  • comming soon!

Manga

マンガコンテンツ

空想科学ラボラトリー

空想科学研究所のYouTube公式チャンネル「空想科学ラボラトリー」略して「クソラボ」です!
怪しい研究室から動画配信しています。原則として、毎週月・水・金の更新予定。

KUSOLAB公式チャンネル

笑える! 学べる! 空想科学研究所の本。

Books ブック

他の本も見る

楽しい科学てんこ盛り! びっくりコラボ。

Collaboration コラボレーション

うんこ漢字ドリル×空想科学研究所

  • 社会的ヒットとなった『うんこドリル 漢字』は、「あやまりながらうんこをするから、誠意が伝わらないんだ」など、全例文に「うんこ」が使われている驚異の学習教材だ。漢字の勉強に役立つのはもちろんだが、このドリルの例文を科学的に考えると、驚くほど「理科」の勉強になる!

  • そこで、『うんこドリル 漢字』と空想科学研究所がコラボレーション。柳田理科雄がうんこ例文6000余を徹底的に分析し、例文に登場するキャラや事件や現象を科学的に考えていく。大笑いしながら、漢字を学ぶうちに、理科を好きになる!

うんこ漢字ドリルのMOVIEもあるよ

MORE

  • 『進撃の巨人 空想科学読本』講談社

    『進撃の巨人 空想科学読本』
    講談社

  • 『スター・ウォーズ空想科学読本』講談社

    『スター・ウォーズ空想科学読本』
    講談社

  • 『マーベル空想科学読本』講談社

    『マーベル空想科学読本』
    講談社

  • 『ポケモン空想科学読本』オーバーラップ

    『ポケモン空想科学読本』
    オーバーラップ

×

アニメやマンガやゲーム、日常の疑問など、ジャンルは問いません。採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、書籍『空想科学読本』『ジュニア空想科学読本』などで答えていきます。どんどん質問してください!

ペンネーム(任意)
質問内容(必須)