上へ戻る

マンガやアニメ、ゲームから特撮、昔話まで、
人間の夢の世界を科学的に検証します。

The Dream-Science Laboratory

空想科学研究所とは?

NEWS

NEWS一覧へ

気になる疑問を解決! 最新の科学検証。

Web Contents ウェブコンテンツ

今日の質問

空想科学研究所に寄せられた質問に、ゆるゆるお答えします。

『斉木楠雄のΨ難』で、楠男が「エレベーターが落ちても、ジャンプすれば助かる」と言ってましたが、本当でしょうか?

該当のエピソードでは、楠雄の入っていたボックスが、高さ30mから落下する。
楠雄は慌てず騒がず「君も覚えておくといい この状況で無傷で済む方法……」と読者に語りかけながら、ボックスが地面にぶつかる直前に、内部でジャンプ! スタッと着地して「ね? 簡単でしょ?」。

これ、エレベーターのワイヤーが切れた場合の対処法として、ときどき耳にする方法だ。本当にそれで丈夫なのだろうか!?
エレベーターが高さ30m(=8階建てのビルくらい)から落下した場合、時速87㎞で地面に激突する。もちろん、そのままだと命が危うい。では、ぶつかる直前にジャンプしたら?

たとえば、垂直跳びで60㎝跳べる人は、時速12㎞で床から跳び上がっている計算になる。落下中のエレベーターのなかでそれだけ跳べば、確かにその分だけ落下速度は遅くなる。
つまり、時速87㎞-時速12㎞=時速75㎞。地面にぶつかる速度は時速75㎞であり、だいぶ遅くなったとはいえ、このスピードで地面に激突したら、やっぱり命がキケンだ!

『斉木楠雄のΨ難』で、楠雄はまったくダメージを受けていなかったが、時速87㎞で落ちるエレベーターのなかで、衝撃をゼロにできるのは、時速87㎞で跳び上がれる人だけ。それができる人は高度30mまでジャンプできるのであり、そんなの楠雄だけ!

まあ、本当かどうかといえば、本当です。

『カールじいさんの空飛ぶ家』では、たくさんの風船で家を飛ばしていたけど、実際に風船がいくつあれば飛ばせますか?

涙なしには見られない、素晴らしいアニメだったなあ、これ!

カールじいさんが飛ばした家は、初めてエリーと出会った廃屋を買って改修したもので、小さな木造2階建て。アニメの描写から目測すれば、建築面積は縦5m×横6m=30㎡ほどと思われる。
このような2階建て家屋の場合、建築面積1㎡あたり400㎏の材木が使われるから、この家は重さ12tだ。

風船が宙に浮かぶのは、内部にヘリウムが入っているから。ヘリウムが、空気よりも軽いため、空気中で手を離すとフワ~ッと飛んでいく。もちろん、風船が大きいほど浮かべる力は大きくなる。
カールじいさんの風船を画面で計ると、縦80㎝、横60㎝ほどもあり、この大きさなら、1個で105gのものを浮かべられるはずだ。
12t=1200万gだから、必要な風船は1200万g÷105g=11万4286個。それだけの風船があれば、カールじいさんの家を空に浮かべることは可能ということだ!

ただしこれ、用意するのが大変だったに違いない。
風船売りをしていたカールじいさん、風船の扱いは手馴れたものだろうけど、旅の準備に使えた時間は、おそらく一晩。11万4286個の風船を膨らませ、口をしばり、糸をつけ、暖炉の下に結びつけ……。10時間かけたとしても、1個に使えた時間は0.31秒。忙しい! こんなときにこそ、エリーにいてほしい。

費用も莫大にかかっただろう。ネットで調べると、直径75㎝のものが1個1000円もする。カールじいさんが昔のツテを使って1個300円という安価で仕入れたとしても、11万4286個で3428万5800円かかる。
ヘリウムも高い。同じくネットでは、7千L入りのボンベが中身だけで2万9400円。縦80㎝、横60㎝の風船には150Lのヘリウムが入るから、11万4286個で1714万2900Lとなり、ボンベ2449本が必要だ。これも昔のよしみで1本1万円で購入できたとしても、値段は2449万円。風船と合わせて5877万5800円もかかったことになる。高い!

それだけのおカネをかけても、エリーと暮らした家を守りたかったカールじいさん。やはり涙なしには見られない作品ですなあ。

『名探偵コナン』の毛利蘭ちゃんはすごく強いです。というか、強すぎないでしょうか?

はい、もう全面的に同意します。

蘭ちゃんは、帝丹高校空手部の主将で、東京都大会で優勝するほど強い。
そのすごさは、マンガに初登場するなり発揮されて、早くも5コマ目には「だから、怒ってないっていってるでしょー!!」と言いながら、新一(このときはまだ高校生)の目の前の電柱に、左拳をドコッとブチ込んだ。と、電柱に放射状の亀裂が走る……!

その後、彼女は車のガラスやドアを蹴破ったり、斧の柄やナイフの刃を蹴り折ったりするなど、さまざまな場面で驚異的な強さを見せてきた。
なかでも筆者が注目したいのは、劇場版アニメ第13作『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』で描かれた「ピストルの弾丸をよける」シーンだ。

弾丸をよけただけだから、まあ地味である。
しかし、撃たれた距離がハンパなく至近距離。わずか1.3mほどの距離から、頭部に向かって放たれたピストルの弾丸を、頭を振って避けたのだ! 蘭ちゃんの長い髪には、一瞬、弾丸の形の穴が開いた。

彼女は難なくやったように見えるけど、これは恐るべきことだ。
弾丸のスピードを秒速350mとすると、距離1.3mでは、当たるまで0.0037秒しかかからない。弾丸をよけるために、蘭ちゃんが頭を動かした距離は20㎝ほどだったが、これほどの短時間に20㎝移動させるとどうなるか? 脳は自分の重さの5900倍の力を受ける。人間の脳の重さは1.3㎏ほどだから、つまり7.7t!

ピストルで頭部を撃たれたら致命傷になる可能性があるが、頭を振って7.7tもの衝撃を与えるのも、それに劣らずキケンである。常人だったら、頭蓋骨内で脳内がツブレても不思議ではない。
蘭ちゃんはこれに耐えたわけで、このヒト、強いだけでなく、体そのものがモノスゴク強靭なのだろう。なんとステキすぎる女子か。

もっと見る
質問を投稿する

空想科学読本WEB


空想科学読本がWEBで読める! 最近更新の原稿を公開しています!

e-book

空想電子版!

『空想科学読本』シリーズが電子書籍になった! 読者の声に応えたオリジナル編集版!

  • comming soon!

Manga

マンガコンテンツ

空想科学ラボラトリー

空想科学研究所のYouTube公式チャンネル「空想科学ラボラトリー」略して「クソラボ」です!
怪しい研究室から動画配信しています。原則として、毎週月・水・金の更新予定。

KUSOLAB公式チャンネル

笑える! 学べる! 空想科学研究所の本。

Books ブック

他の本も見る

楽しい科学てんこ盛り! びっくりコラボ。

Collaboration コラボレーション

うんこ漢字ドリル×空想科学研究所

  • 社会的ヒットとなった『うんこドリル 漢字』は、「あやまりながらうんこをするから、誠意が伝わらないんだ」など、全例文に「うんこ」が使われている驚異の学習教材だ。漢字の勉強に役立つのはもちろんだが、このドリルの例文を科学的に考えると、驚くほど「理科」の勉強になる!

  • そこで、『うんこドリル 漢字』と空想科学研究所がコラボレーション。柳田理科雄がうんこ例文6000余を徹底的に分析し、例文に登場するキャラや事件や現象を科学的に考えていく。大笑いしながら、漢字を学ぶうちに、理科を好きになる!

うんこ漢字ドリルのMOVIEもあるよ

MORE

  • 『進撃の巨人 空想科学読本』講談社

    『進撃の巨人 空想科学読本』
    講談社

  • 『スター・ウォーズ空想科学読本』講談社

    『スター・ウォーズ空想科学読本』
    講談社

  • 『マーベル空想科学読本』講談社

    『マーベル空想科学読本』
    講談社

  • 『ポケモン空想科学読本』オーバーラップ

    『ポケモン空想科学読本』
    オーバーラップ

×

アニメやマンガやゲーム、日常の疑問など、ジャンルは問いません。採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、書籍『空想科学読本』『ジュニア空想科学読本』などで答えていきます。どんどん質問してください!

ペンネーム(任意)
質問内容(必須)