空想科学研究所

THE DREAM-SCIENCE LABORATORY
OFFICIAL WEB SITE

MENU

BACK

今日のお答え箱

『名探偵コナン』に「ペロッ…これは青酸カリ!」という数々のネタにされてきたシーンがあります。そんなことをして人体(それも子ども)に影響は及ばないのですか?(質問者:消しゴム忘れた人)

2017.05.27

えっ、コナンがそんなことを!?

と思って調べると、これはコミックス7巻に登場する1シーンですね。ただし、コナンのセリフは「粉…?」「ペロ」「こ、これは…」「麻薬!!!」でした。まあ、そうだよねー。

どうやら、誰かがこのシーンを「青酸カリ」に変えて遊んでいるうちに、ネットで広まったみたいですね。しかし、原作でも青酸カリを舐めてると思ってしまう人も出てくるわけで、ちょっとコワイ話です。

ところで、これが青酸カリだったら、コナンはどうなっていたのでしょうか。

青酸カリは、胃のなかで青酸ガスに変わり、胃壁の血管から吸収されて、赤血球の働きを邪魔したり、脳の呼吸中枢を冒したりします。致死量は体重1㎏あたり3㎎。コナンの体重が小1男子と同じ23.4㎏だとすれば70㎎です。

砂糖で実験すると、指に付着する量は10㎎程度なので、これでコナンの命がキケンになることはないでしょう。ただし、頭痛、めまい、意識障害などの変調をきたすかも。アヤシイ粉を見つけても、舐めないようにしましょう。

CLOSE

アニメやマンガやゲーム、日常の疑問など、ジャンルは問いません。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、書籍『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などで答えていきます。
どんどん質問してください!

質問を送信しました

質問ありがとう!
いただいた質問は、空想科学研究所の全スタッフが目を通し、検討します。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などの書籍で答えていきます。
これからも、どんどん質問してください。
できる限り答えていきたいと思います。

どうもありがとうございます!

  • ペンネーム(任意)

  • 区分(必須)

  • 質問内容
    (必須)