空想科学研究所

THE DREAM-SCIENCE LABORATORY
OFFICIAL WEB SITE

MENU

BACK

今日のお答え箱

鉄球を使ったモーレツ特訓!【その2】  かつて野球マンガには、しばしば「鉄球を使った特訓」が出てきた記憶がありますが、あれは効果が期待できたのでしょうか?(質問者:サルカニオン)

2019.10.04

鉄球を使った特訓の第2弾です。

鉄球特訓は、意外なことに『ドカベン』にも登場しました。
舞台は、山田や岩鬼が1年夏の甲子園。決勝戦の相手は青森県代表いわき東高校でした。
全試合を1-0で勝ち上がってきたそのチームには、足利くんという足の速い選手がいました。

彼は、宿舎で両足につけた鉄球を引きずりながら歩く特訓を行っていたのです。
その鉄球は、直径が30㎝ほどありました。
奇しくも花形が鉄バット特訓で使った鉄球と同じくらいの大きさです。中まで鉄が詰まっているとすれば、1個111㎏、左右ペアで222㎏です! これは重い!

彼は甲子園球場にもこれを持ってきていましたが、こんなに重いものをどうやって青森から兵庫まで運んだのでしょう? 僕はこれが気になってたまりません。

両足につけたまま列車に乗るのは周囲の人々にすごく迷惑がかかると思うし、両手に持ってきたのかなあ。
それができたら、足に頼らなくても、驚異的な豪腕の打者として活躍できたんじゃないかなあ…と思います。

鉄球を使った特訓、他にもあるので、この項続きます。【了】

CLOSE

アニメやマンガやゲーム、日常の疑問など、ジャンルは問いません。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、書籍『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などで答えていきます。
どんどん質問してください!

質問を送信しました

質問ありがとう!
いただいた質問は、空想科学研究所の全スタッフが目を通し、検討します。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などの書籍で答えていきます。
これからも、どんどん質問してください。
できる限り答えていきたいと思います。

どうもありがとうございます!

  • ペンネーム(任意)

  • 区分(必須)

  • 質問内容
    (必須)