• 前へ
  • 前へ

ジュニア&ポケモンとは?

子どもの「理科離れ」「算数嫌い」が叫ばれています。この状況を少しでも変えたくて、2013年6月に角川つばさ文庫から『ジュニア空想科学読本』を発売し、子どもたちから熱狂的に支持されました。『空想科学読本』などの原稿を子ども向けに書き直し、また大幅に書き下ろしも加えたシリーズで、年に3回くらいのペースで刊行しています。また、2016年2月には、「ポケモンで科学がわかる!」を合言葉に、株式会社ポケモンとコラボした『ポケモン空想科学読本』シリーズも刊行開始。大好評です。どちらも、単なる子ども向けの本ではなく、骨太で質の高い理科の本を目指しています。

  • 空想科学読本ジュニア
  • 柳田理科雄の1日1科学
  • ポケモン空想科学読本

ジュニア空想科学読本シリーズ

すべての本を見る

元ネタ辞典

『ジュニア空想科学読本』シリーズで扱っている題材のうち、いまの子どもは知らないだろうと思われる古い作品について、簡単に紹介するコーナーです。
「角川つばさ文庫」というレーベルから刊行されていることもあり、同シリーズの対象年齢は小学校高学年。しかし、すぐれた作品の魅力は、時代や年代を超えて伝わると考え、古くてもマイナーでも、容赦なく取り入れている次第です。

CLOSE

アニメやマンガやゲーム、日常の疑問など、ジャンルは問いません。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、書籍『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などで答えていきます。
どんどん質問してください!

質問を送信しました

質問ありがとう!
いただいた質問は、空想科学研究所の全スタッフが目を通し、検討します。
採用した質問は「空想科学 図書館通信」や、『空想科学読本』
『ジュニア空想科学読本』などの書籍で答えていきます。
これからも、どんどん質問してください。
できる限り答えていきたいと思います。

どうもありがとうございます!

  • ペンネーム(任意)

  • 区分(必須)

  • 質問内容
    (必須)